・渡島/檜山の温泉

2013年7月28日

道南旅行3日目~観光&お食事~

ど~もど~もど~も~~~!ねじです。

さてと。旅行最終日。ぶらぶ~らしながら札幌へ帰るの巻



~~水無海浜温泉~~

Imgp8371

まずは、宿近くの水無海浜温泉へ 湯に浸かるつもりはありません(笑)

2008年にも一度立ち寄っています。前回記事はコチラ

Imgp8373

湯船は二つ。湯船その1

満潮時には完全に水没しちゃうので、入れる時間は限られる。

Imgp8375

湯船その2

この日のこの時間は、入れなくはない状態でした。

でも、入ることはないと思うのです。私は。

それはもう、想像の右上…いや…想像を絶する量のアイツが

そう、それはフナムシ。

思い出しただけでちょっとアレなので、これ以上書きません。


~~大沼公園~~

Imgp8380

二色だんご本舗 谷口菓子舗サン

私は間違いなく花より団子です

Imgp8412

店名は2色ですが、購入したのは3色。

Imgp8414

帰宅してから食べました。小さいからパクパク食べれちゃう

おいしゅうございました。

Imgp8393

あいにくのお天気だったので、パッとする写真もなく。
ベタな感じで、看板入りの写真をひとつ(笑)

Imgp8381

蓮の花が咲いていました



~~ハーベスター八雲~~

Imgp8401

お昼をどこで食べようか考えていたら、食いしん坊レーダーが働いた。

ずっと来てみたかった、ハーベスター八雲さん。

旅の初日に寄った八雲のPA からも歩いていけるみたい。
ココは元ケンタッキーフライドチキンの実験農場だったところで、
ケンタのチキンを食べることができたのだとか。
Imgp8400
大沼は雨でしたが、八雲はいいお天気
海も、緑もとってもキレイでしたよ。

Imgp8397

ピッツァ3人いると、色々食べれて嬉しい。

Imgp8398

チキン。やっぱ2ピースは食べたい

その場で食べ比べなきゃ、ケンタとの違いは私にはわからない。

すごーーーく美味しいケンタよりおいしいなんてレビューも見かけます。

Imgp8399

いも&たまねぎ。間違いないうまさ。

ケンタダイスキな私としては、ココはまた来たい。



~~毛無山展望所~~

Imgp8410

カエリは、シタミチで。

八雲→長万部→黒松内→ニセコ→赤井川のルートで

ここの工程。眠かったのであまりよく覚えてません(笑)

毛無峠~到着~。

Imgp8403

小樽方面。

Imgp8408

朝里、札幌方面





おしまい。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年7月24日

道南旅行2日目~ホテル恵風~

ども、ねじです。

いつもの事ですが、随分とまた日があいてしまいました
というわけで、道南旅行2日目、お宿編です。

Imgp8292_3

2日目のお宿は、ホテル恵風。

ねじ両親の定宿で、ねじ母より行きたいとお願いされていたのだ

Imgp8273_2

どど~~~~ん。

函館から車で1時間半くらい。

Imgp8289

外には船を利用した足湯がありましたよ~

Imgp8283

ゴメちゃんもお出迎え

Imgp8299

すぐそこは恵山岬。

あいにくのお天気ですが、存在感のある灯台

Imgp8308

天気がよければ青森も見えるみたい。
Imgp8275
お部屋は和洋室。
到着して、ビール飲んだり、ビール飲んだり、ビール飲んだりして過ごします。
(そんなことしてるのは、ねじだけですが。)
Imgp8322
さあ、ご飯ご飯
海水うに。一言、うまい。

Imgp8325

お刺身。
マグロ、エビ、サーモン、タコ、ツブ、ホタテ
一人前結構なボリューム。新鮮で美味しい

Imgp8327

ツブの明太子あえ、漬物。

Imgp8330

タラ、カニ入りのお鍋。

Imgp8332

カスベの煮付け。タコがめっちゃやわらかくてんまい!

Imgp8341

カレイから揚げ。
エビのから揚げもついてる。3切れあるけど、1人前。
この時点で相当お腹いっぱいで、全部は食べられない…

Imgp8342

汁物。

Imgp8343

デザート。
デザートも汁モノも、食べられませんでした、私。

Imgp8360

おっ風呂~~~
日帰り専用と、宿泊者専用の2箇所浴室があります。
こちらは日帰り専用の「湯ったり館 とどぽっくる」
Imgp8345
広い洗い場。

Imgp8344

サウナと水風呂。

Imgp8354

大浴槽。
手前から、ジャグジー、中温、高温
中温→炭酸水素塩泉 循環、加水有り。
高温→ナトリュウム塩化物泉 源泉かけ流し
Imgp8351
露天風呂
炭酸水素塩泉 源泉かけ流し。
宿泊者専用浴室は写真ナシ
露天風呂からは太平洋、恵山が見えて景色もステキ。
数年前までヒノキの内湯だったようですが、露天風呂のみヒノキ風呂。
中規模のホテルですが、湯使いステキで本当にいい湯でした。

Imgp8365

おっはよ~~
朝食はバイキング。ねじチョイスの朝ごはんです。

Imgp8368

で、お刺身はご飯に盛っちゃう。海鮮どーーーーん

Imgp8369

フルーツ&温泉まんじゅう。
地元野菜に朝からどっさりお刺身。
観て美味しい食べて美味しい。大満足の朝食デシタ!

もう少し近かったら、また泊まりたいなぁ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年7月13日

道南旅行1日目~ホテルかもめ館~

どうもどうもどうも~~~ねじです

初日のお宿は、湯の川の「ホテルかもめ館」サン。

Imgp8119

素泊まり利用です。

温泉つきで格安。そういうのスキなのよぉ

快適に眠れて温泉に入れれば、もう言うことナシ!

Imgp8116

お部屋。ちょいと変わったカタチの間取り。

荷物とかお風呂セットとか写っちゃってますな…

Imgp8117

反対側~。

全部で12畳くらいなのかな。

Imgp8198

お風呂。

Imgp8192

ロッカーは100円戻るタイプと、なぜか100円いらないタイプあり。

Imgp8186

シンプルに内湯が一つ。源泉かけ流し。

分析書によると、源泉温度は64.1度。

やっぱり湯の川の湯は熱い。

そのまま入るのはやっぱ不可能…

すこ~し加水しつつ湯もみして、ざぶん。あっちーーー

でもこれがたまらん。あがったあとも汗がひかないね。

Imgp8190

シャワーは反対側にも有り。

どちらも、一個おきにイスが置いてある(謎)

Imgp8196

Imgp8197

いい湯でございました。
入浴時間、15時~24時、翌6時~10時。
朝6時ジャストに一番風呂。最高だ~ね~
函館泊の際にはまた利用したい!

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010年8月10日

濁川温泉郷

北海道で唯一存在する、地熱発電所。

なんだか、ここは東北の農村の趣で、北海道らしさを不思議と感じません。

Imgp4249

地熱発電所↓

Imgp4252

Imgp4255

温泉熱をハウスで活用している模様。

Imgp4256

管釣り。

Imgp4251

温泉浸かりつつ管釣りってもの悪くないなぁっておもった次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日

天湯

ラッキーピエロで満腹となりましたので、
やっぱ温泉いかない手はないなということで、行って参りました。

天湯

Imgp4246

Imgp4244

こんな表示も。あとで濁川地区を探検したら、ハウスが一杯ありました。

Imgp4231

Imgp4232

Imgp4222

Imgp4223

Imgp4224

Imgp4226

Imgp4227

Imgp4228

Imgp4229

湯はいわずもがな、極上。

ここの温泉はやっぱ好きだなぁ。

また来るぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日

上ノ国町国民温泉保養センター

どうも、ねじです☆

道南の旅、三湯目は、

湯ノ岱温泉!上ノ国町国民温泉保養センター。

実は、湯ノ岱温泉って、知らなかったのです。

たまたま、たまたま通りかかったのでっす。

そんな偶然通りかかる場所ではありませんが(笑)

Imgp2166

 

Imgp2168

小さな駅に、温泉猫。

こりゃ期待できるかな!と勝手に想像しながら、

まずは近くの川で、竿を出す。

あまりにも魚の反応がないため、飽きてきて。

ぶらぶら歩いていたら、なにやら温泉が!!

Imgp2183

ブクブクと湧いている。そしてテンションあがる(笑)

Imgp2187

ロッドを片手に川はそっちのけで、そのまま散策していると、

露天風呂みたいな、温泉場を発見。

触ってみると、かなり温いけど、湧き出る温泉にまた興奮(笑)

「お~い!!!蛤さん!!!」と、

大声あげたら、ニョロリとヘビが出てきたのにはビックリ。

たしかにヘビさんのお好みの環境ですが。焦りました・・・

早々に撤収し、温泉へと向かいます!

Imgp2190

わくわくしながら、いざ。

Imgp2196

浴槽は3つあり、手前から、42度、38度、35度と並んでいます。

この日はとても暑かったので、35度の温泉満喫。

ただ35度の浴槽はジャグジーのようになっているので、

38度浴槽が好み。交互にはいってみました☆

浸かっていると、身体中につく気泡。

わぁ・・・・。たまらん。

露天風呂はありませんが、浴槽の見た目と身体にまとわりつく気泡.

そして、熱い日に入るぬるめのお湯。

もう、言うことナシデシタ~~~

Imgp2191

Imgp2194

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日

湯の川温泉 湯っ多里

どうも、ねじです。

前回記事の「おぼこ荘」に始まった道南の旅。

2湯目は、湯の川温泉で朝風呂。

Imgp2147

Imgp2148

朝から地元のお客さんで賑っていました☆

蛤氏に聞けば、男性側の脱衣所にはなかったという

↓のなんとも言えない注意書きが、ねじにはツボ。

ぜひ写真クリックして、ご覧あれ

Imgp2149

Imgp2150

Imgp2151

Imgp2152

Imgp2153

ヘタウマな温泉猫さんが、たまりません(笑)

さてさて。温泉です。

Imgp2154 Imgp2155

露天風呂の方が温め。

やはり地元のみなさんは、熱い内湯がお好みの模様。

そのため、写真は露天風呂のみ。

どちらもこぢんまりした浴槽ですが、

常に新鮮な湯が注がれており、それはそれは良いお湯でした。

内湯も、湯の川独特の、入れないほどの熱さではなく

ピリッと熱いお湯が、眠気覚ましに最高でした。

道南。よき温泉がたくさんあります。たまらないわ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日

八雲温泉 おぼこ荘

  どうも、ねじです。

PCの調子が悪く起動も怪しいため、ブログも放置気味でした

メインPCの利用を諦め、モバイルPC利用中。

う~ん。なんともスムーズです(v^ー゜)

Imgp2115

道南は行ってみたい温泉が山ほどあるわけですが、

この日は、八雲温泉 おぼこ荘へ

今シーズン、土日となれば必ず雨。

この日も雨・・・

寒い中温泉に入れるのはありがたいです☆

Imgp2116

キレイな脱衣所。

営業開始直後だったので、どうやら誰もいないようです。

Imgp2117

洗面台。

不思議だったんですが、有料のドライヤーの下に

無料のドライヤーが備え付けられていました。

しかも無料のドライヤーの方が高性能っぽい(笑)

では早速お風呂へ。

Imgp2118

シャワーは、写真右上の方にもありました。

Imgp2119

Imgp2124

内湯。

好みの雰囲気ですよ。

Imgp2120

露天風呂には、この道を下っていきます。

Imgp2122

写真を見てもなんとなくわかるとおり、結構な雨でした。

そして掃除の後なのか、お湯が半分ほど。

寒くて仕方ないので、浸からずに内湯のみ堪能。

熱すぎないお湯でしたが、あがった後の、

身体がものすごくあったまっていることにびっくり。

しばらく汗が引かず、温泉効果のポカポカも一日続きました☆

天気の良い日なら、露天風呂も気持ちいいのでしょうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日

道南旅行3日目

ども、ねじです。

道南旅行3日目。ざざざーっと行ってしまおうと思います。

Imgp0202

蛤さんに起こされ、目を覚ますと

蛤父さんが谷地頭温泉に誘ってくれているとの事。

まだ寝惚けているねじですが、そこらにある服を着て出発

まずは、朝市です!道南食堂へ

コリコリの活イカ刺し定食をイタダク。

いやぁ、これが一人前。コリコリコリコリこりこりこりこり。

なかなか味わうことが出来ないコリコリ感に大満足

寝惚け気味のねじも、目が覚めるってぇもんです(笑)

そして、ご飯の後は、温泉。念願の谷地頭温泉っす

ゆったり、のんびり~な時間を過ごしました。

Imgp0205

Imgp0209_2

デザートは『函館牛乳 あいす118 』で

実は、ねじは牛乳嫌いですが、ゴマソースがけのソフトは

ペロリといけました☆

その後もちょいと蛤さん、親孝行の時間を過ごし

いよいよ札幌へ向かって帰ることに。

今日は恵山方面に向かって、亀田半島一周です☆

Imgp0211Imgp0212

まずは腹ごしらえ。

幼少の頃函館で過ごし、函館には親戚も多いらしい蛤さん。

函館には何度も行っているようですが、

なんとはじめての、ラッキーピエロ☆

チャイニーズチキンバーガーと、ラッキーエッグバーガーを

Imgp0213

お腹がいっぱいになったところで、車を走らせ、

恵山の道の駅でパシャリ

Imgp0215 そして・・・・

こんな写真も撮ってしまう釣り人なあたいら。



休憩もしたところで、『水無海浜温泉』へ。

Imgp0232

Imgp0237

恵山岬でイカした景色も見てまいりました♪

そして、その後は『しかべ間歇泉公園』へ。

Imgp0260

Imgp0261

Imgp0265

最後に温泉に浸かりたいのと、

明るい時間の雰囲気を味わっておきたいと、

濁川温泉へ向かうと、なんとそこに管理釣り場を発見

これは、やらないわけには行かないでしょう☆

『Playfishplace』という、釣り場のようです。

一日2000円という金額設定のようですが、

日没間際滑り込みだったので、一人1500円にマケテクレマシタ。

周りにはなーんにもなく、そこは元々田んぼだったでしょ?って

雰囲気の中、スレてない魚たちと戯れる。結構遊べました♪

そして、翌日は仕事だというのに、濁川で日没。。

ひとまず、『美完成』にて癒されてみる。みるみる。

いつ到着することやらと心配しながら、晩御飯

長万部ではじめての浜ちゃんぽんでっす!!

Imgp0290

うに、あさり、えび、ほたて。

そして、大量のわかめに、一杯の丸ごとイカ。

なんとも刺激的なちゃんぽんを食べ、

23時過ぎに我が家に到着。翌日眠い訳です(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月27日

しかべ間歇泉公園

どうも、ねじです。

道南旅行、番外編温泉その2☆

しかべ間歇泉公園です。

Imgp0240

Imgp0242

Imgp0243

うっかり?いや、間違って、裏手の方から見てしまいました。

98度と書かれた源泉はグツグツと沸騰状態でした。

緑の鉄枠の中に人がいて、なにやら作業中。

熱くないのか?いやぁ熱いだろうなぁ~。

Imgp0248

足湯もありました。タオルもあり。

この日は強風のため、吹き上がり具合を調整していたようです。

それでも十分な見ごたえがありましたが、

↓↓これ以上高く吹き上げるとなると、すごいんだろうなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧