・道外の温泉

2009年6月 8日

黒湯温泉

どうも!ねじです。

なまら東北!温泉編。第二弾は黒湯温泉です。

孫六温泉を後にして、さらに奥へと進みます

Imgp1353

奥に進み、見下ろす孫六温泉はこんな感じです。

Imgp1355

どんどんぐんぐん。どんどんぐんぐん進んでいくと

黒湯温泉が見えてきました

↑写真の道をさらに進みます。

よ~し!中へ入ろう!と進むと・・・・

なんと。扉が開きません~ど~して・・・。

どうやらここは入り口ではなかったようです。

開けられないように、でっかな石ころが置いてあったので

どけてみましたが、なんと、石は関係なく、やっぱり開かない

気を取り直して、別の道を進みます。

・・・って。

別の道ってコチラ↓

Imgp1372

道・・・というよりは雪山。

しかも気温が高いので雪は硬くなく、歩くとズボズボ埋まって

歩きづらい。しかも結構深く埋まる。。。

これはほぼ到着時の写真ですが、

下の方を見ても、ちっとも孫六温泉は見えませんね。

ソレくらい強引に雪の中を歩きます

Imgp1356

やっとのところで、たどり着いた黒湯温泉。

この時はまだ、別の道があるとは知らない、ねじ&蛤です。。

Imgp1361

気を取り直して、早速お風呂へGO☆

男女とも芋洗い状態だったので、写真はありません

公式HPをごらんくださ~い。

Imgp1359

Imgp1360

写真左にあるように、

唯一空いていたのは、

この打たせ湯。

イモ洗いだった↑の写真の左側に位置しています。

要は、丸見えってことです

タオル一枚で、駆け込んでいた男子達もいましたが(笑)

Imgp1368

Imgp1369

結構広くて、休憩できる場所があったり、

混浴の露天&内湯があったりしました。

ご飯を食べて、お風呂に入って、

のんびりとした時間を過ごしました。

温泉の方に聞いた所、やはり別な道があったようです。

黒湯には、車でも来れるようになっていたようです。

どおりでなまら人がいるわけだ。

道を聞いて、どこ通って来たの?と聞かれ、

来た道を説明すると、あきれ混じりに笑われてしまいました

Cocolog_oekaki_2009_06_08_23_45

ねじ作の、めちゃめちゃな地図ですが。

孫六温泉を出て、のりのりで黒湯へ向かう道。

橋を渡って、最初、黒いルートを通りました。

そしたら、まぁ。頑固な扉があって入れない。

んでちょっと引き返して、

青い道の雪山をガシガシ登りました。

温泉の人が教えてくれたのは、赤いルート。

あらまぁ。そんな道があったのね。


でも、結局。

青いルートで、転んだり滑ったりしながら

帰路へを進む、ねじ&蛤デシタ。

ウケる位、酷い道?!でしたよ。

まぁ。これも思い出ってことでc(>ω<)ゞ

では!また。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 7日

孫六温泉

どうも、ねじです。なまら東北、温泉編だす!

乳頭温泉のバス停でバスを降り、孫六温泉へと向かいます。

Imgp1313Imgp1314Imgp1315








大釜温泉の入り口から、奥へと進みます。

車では行くことが出来ないこの道を

ひたすら(といっても15分くらい)歩きます。

Imgp1316 Imgp1319

道路の脇にある、温泉管や

川なんぞ眺めながら歩いていると

写真右の看板が見えてきました。

Imgp1325

まずは、ここで受付を済ませます。

Imgp1326
↑の写真の看板の下に、

おいしい沢水がありました。

暑い中歩いてきたので、冷たい水はありがたい

Imgp1321

Imgp1323

受付を済ませたら、早速お風呂へ向かいます

この写真奥側がバス停へと帰る道になっています。

Imgp1339 露天風呂入り口です。

左が女性、右が男性です。

↓の図のような配置になっていました。

Cocolog_oekaki_2009_06_07_17_59

女性用の脱衣所側から、混浴に行くには

混浴の内湯を通っていかなければなりません。

その内湯にはものすごい沢山のおじさんがいたので、

ねじは、諦めました。

Imgp1335こちらが女性用の脱衣所。

かなり新しいようで、

清潔感漂う感じになっていました。

Imgp1331

ここが、女性専用の露天風呂。

どういう訳が、全然人がいなく、ほとんど独り占めデシタ。

混浴側のは撮れてませんが、透明なお湯だったようです。

Imgp1347 こちらは、「唐子の湯」

男女別の内湯です。

Imgp1341

こちらが男性側。

Imgp1348

あまり変わりませんが、こちらが女性側。

仕切りの下で繋がっています。

露天風呂はぬるかったのですが、こちらは適温。

多分42~3度くらいでしょうか。気持ちよかったです。

私が入った時に、後から入ってきた女性のお連れ様(男性)が

男性側で、熱い熱いと大騒ぎし、10秒しか入っていられないと

本当に10秒数えて二人とも上がって行ってしまいました

私達的には、このくらいの湯温がベスト☆

しゃっきりと疲れも取れる、良いお湯でした~!




この後、しばらくゆったりして、おいしい沢水を飲み、

さらに奥にある、「黒湯温泉」へ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

「gremz」という、新しいブログパーツを追加しました☆

記事の投稿によって、苗木が成長していくというもの。

大人の樹になったら、

実際の森に苗木を植樹してくれるようです。

頑張って記事UPしてみます~!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

| | コメント (2) | トラックバック (0)