・網走/北見/紋別の温泉

2012年6月 7日

お花な癒し旅(宿泊編:大江本家)

どうも、ねじです。

さてさてお泊り編はこちら。

Imgp6827

大江本家さんです。

明るいうちに宿に着くなんて珍しい(笑)
チェックインして今夜のお部屋へ案内してもらいました。

Imgp7447

玄関。宿の構造がイマイチよくわからなかったのですが
角部屋っぽいつくりの入り口で広い。

かなり大きめのお宿で、
飛燕閣、聴水閣、静山閣とそれぞれお部屋の感じも違うみたい。Imgp7445

 

なんと洗面台が二つ。便利です♪

Imgp7449

シンプルな和室。
そんなに見ないんだけど、
テレビがちょっと見づらい(地デジ化でテレビ買い替えの影響かな)くらいで、
あとはとっても快適。お湯だけじゃなくって冷水も置いてあって嬉しい!!

Imgp6799

いよいよお風呂。女湯は二階にありました。

Imgp6801

脱衣所。とっても広い。
貴重品ロッカーは100円要らないタイプ。
3面鏡になっていて、女性には嬉しいですね。
私はほぼ利用しませんが、BBクリーム等アメニティも充実しています。

Imgp6813

洗い場。
こちらも、シャンプー、リンス、ボディソープもいくつか種類があったり
ピーリングジェルやクレンジング等があって嬉しいですね。

Imgp6806

浴槽は、大中小サイズがイロイロな感じ。

Imgp6809

無色透明。中に入ると湯の花がゆらゆら。

Imgp6810

小さな浴槽って、鮮度抜群な感じがします

Imgp6808

 

ジャグジーは濾過/殺菌あり。
でも、ジャグジーもいいかな。

Imgp6802

露天風呂。
壁はありますが、さほど高くなく浸かってなければ景色も見れます。
立ち上がってたら割と外からやや見えな感じですが、
私は全く気になりませんでした。

Imgp6821

各浴槽の湯使い。
ジャグジー、水風呂、岩風呂以外は掛け流し~♪

Imgp6824

なんとPH9.1
温泉に浸かってるときは、キュッキュッとした肌触り。
あがって少しするとつるるん。
とろ~~っとしたお湯も好きですが、コレもいい!

ふにゃっとしたところでお食事です。
今回は、あえて肉料理をはずしたという
「毛ガニ丸ごと一杯付き!海鮮御膳」なのです。

Imgp7457_2

前菜:北海縞エビ、丸十レモン蒸し、鰆幽庵焼き、蛸山葵

Imgp7458

お造り:ホタテ、甘エビ、サーモン(?)

Imgp7459

鍋物:蛤の磯辺鍋

Imgp7456

メイン:毛ガニ

Imgp7460

Imgp7461

Imgp7463






蒸し物:白花豆入り茶碗蒸し
煮物:若草饅頭 菜の花
水菓子:フルーツグラタン


毛ガニは一人一パイ。身もギッシリでミソもうまし。
肉より魚派な母娘には嬉しいプランでした~♪

温泉・食べる・酒を繰り返し満足(笑)
ぐっすり眠れましたよ~☆

朝食はバイキングです。

Imgp6825

バイキングってアレもコレも食べたくなる。
そんな衝動をちょっと抑えてみた、私の朝食。
塩焼きそばが美味しかった~

Imgp6826

で。朝カレー。
カレーのにおいに釣られて。どうしても食べたくなっちゃった

帰りの際には外までお見送りしてくれたり、
宿の方の印象もとてもよかったです。大満足。

※二日目に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日

セトセ温泉ホテル

はまぐりです。

2月に流氷を見に網走へ向かった折、

たってのねじのリクエストから、立ち寄ってまいりました。

しばらくブログ更新を滞っておりましたときのできごとだったのは内緒です。

Imgp5035_2

Imgp5032_2

↑こういう心得は味があって好きでした。

Imgp5026_2

↑こういう積み方も好き(笑)

Imgp5007_2

ひょうたん型でした。

Imgp5017_2

↑こういった手作り感もたまらないっすね。

Imgp5021_2

湯量は豊富で、掛け流されていました。

Imgp5030_2

↑もう、こういう風情がたまりません。

つるつる系温泉が好きな私たち夫婦には最高の湯でした。

急に流氷じゃなくて温泉に連れてこられたねじ母さん、
きっと温泉バカだなぁって思ったろうなぁ(笑)

こんどまたゆっくりきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日

夢風泉

先々週末、行って参りました夢風泉
こんにちは、はまぐりです。

Imgp5236

塩別つるつる温泉と同じくしてまさしく、つるつる。

Imgp5226


Imgp5227

シンプルながら、結構な量のかけ流し。

Imgp5233

浴槽は二つ

Imgp5224

女性側には、いろんなハイテクシステムがあるとのこと。

Imgp5228

もう最高お肌つるつるの、PH9台。ねじご満悦でホッ。

塩別つるつるのとなりだから、おんなじ源泉なのかなぁと思ったり。

Imgp5234

Imgp5235

リーズナブル、かつ施設は新しくあずましい。
とても良心的な宿と私感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月31日

鹿の子温泉

Imgp4627

ども。ねじです。

初めての、そして、最後の鹿の子荘に行ってきたのです。

Imgp4625

念願の温泉橋。

あちこちのブログやHPで指をくわえて眺めてた温泉橋。

Imgp4603

女湯です。

ぬるーくて、まったーり。

ヌルスベなお湯がたまらない。肌に良き成分がまったりと付く。

Imgp4604

上にある、一人用?の湯船。

こっちの方が少しだけ熱め。気持ちよすぎる。

Imgp4605

男湯とは、仕切りがあるだけで、湯は繋がってる。

この石、ほんとすごいな。この渋いセンスがたまらん。

Imgp4607

反対側の男湯。

ま、同じですがね。

Imgp4606


とにかく、私大好きな温泉でした。

何度も何度もここら辺は来てたのに、どうして来なかったのかと後悔。

でも、最初で最後。ぬるすべ最高なお湯につかって大満足。

| | コメント (2) | トラックバック (0)