山登り

2015年5月30日

最近のアレコレ

ぁ~。気がつけば、今年2度目の更新です。

どうも、蛤でし。
思い返せばイロイロあったこの半年。
釣りに行きたいがいけてません。
イロイロあったんですが、休みはお手軽登山してました。
春には残雪の残る円山にのぼり。

Imga0156

Tori

Tenori

↑餌持ってないけど、よってくる鳥。

Risu

それからは、札幌市内の山(三角山、もいわ山、八剣山)
日高のアポイ岳、小樽の塩谷丸山に登り。
そんな感じで登山やってたりしましたが、なんともまとまった休みが取れないこの頃。
釣りはさっぱりやってませんが、そろそろ川とか湖とか行きたいなぁとたくらんでる次第。
しかしながら、住まいの建物取り壊しに伴って突然の立ち退き問題が・・・
ぁ~、アメマスに会いたい。
6月中には引っ越すので、しばらく更新できないかも・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年9月 2日

尻別岳登山!(8月29日)

どもっ!ねじどぇす。

本日3つ目の記事UPしちゃいます。
こんなに暇な理由はこの記事の最後に!

さてさて。お天気も良さそうだし、休みも合ったし、
アタシらの、登りたい山ランキング上位の尻別岳へレッツラゴー。

Imga0713

さて登ろうかと、カメラを提げ入り口をパシャリ・・・

えっ??シャッターが切れずピーピーなる愛機。
AF認識しなくなったトラブルも起因してるのかなぁ。うぇ~ん。
でも、登る前に気づいてよかった。撮れないカメラは重い荷物だし。

気を取り直してコンデジでパシャリよし!しゅっぱ~つ!

Imga0714

入り口からしばらくはハイキングコースみたいなのんびりした道。
進んでいくと、ルスツスキー場のリフトが見えてきました。

Imga0719

さらにテクテク。テクテク。
歩き始めてすぐ、見晴らしの良い場所が続きます。
ルスツの遊園地やらホテルが

Imga0725

下山中のご夫婦と一緒だったワンちゃん。

せっかく登ったのに、結構な下りがありつつ、その先には急登。
いくつかロープ場もあって、なかなかハード。
足元ぬかるんでいるところがあって滑りやすく、ロープを頼りに登る。
(写真撮ってる余裕なかった~~)

距離はさほどないけれど、一気に高度を上げるので、かなりしんどい。
蛤氏はそうでもなさそうだけど、アタシはもう・・・・ゼーハー。

Imga0732

頂上が近づいてきた頃、その姿を見せてくれた羊蹄様かっこいい。

Imga0736

遠くの山々もこの日はほんっと良く見えました。

Photo_2

パノラマにしてみたよ

Img_20140829_102406

無事登頂!
うわぁぁぁぁ!!羊蹄山くっきりーーーー!!!
しかも山頂はあたいらだけ!最高であります。

Img_20140829_102959

アタシだけ、羊蹄様に向かってかんぱ~~~~~い
Img_20140829_103804
山頂レストラン。山では何を食べてもおいしいのだ。

Img_20140829_110318

山カフェ。コーヒーとオヤツ。至福のトキ。

Imga0743

エゾトリカブト。
秋ですね。いっぱい咲いてました。

Imga0745

タワシみたいなやつ。一体なんでしょう。


・・・下山の写真がほとんどない(笑)そう、ねじ、負傷しました。

下山開始して、30分も経たぬころ。
湿ったぬかるみに足を滑らせ膝を伸ばしたまま転倒。
膝神(ヒザシン・・・わかるひとはわかるかな・・・)みたいに、
特にどこも打ったりしていないけど、
ぴーんと足が伸びたまま、ガンっっ!と止まった衝撃で膝を痛めました。

しばらく、痛ってぇ~~~と、唸ってたけど、すぐ落ち着いて下山。
さほど痛みもなく、無事下山できました!ヨカッタヨカッタ!!

Img_20140829_133531

下山後は、水筒の水&自宅の飲み水補給に真狩へ。
しゃっこい水を飲んで、しゃっこい水で顔も洗って気分爽快!

Imga0753

ぶ~らぶらとたどり着いたのは、「北酒場」流れるこの場所。
たかし熱唱♪

20140829151718_photo

アタシは足も痛かったし、見てるだけ~~
ちっこいオショロコマのアタックはあったもののヒットならず。

Imga0759

駐車場にあった球体が面白かったので、撮ってみた。
足が痛くなってきたので、タオルで固定しているねじ。

捻挫っぽいから温泉はやめて、ラーメン食べて帰宅。

着いたころには、歩くのもやっとこさな状態に・・・。
とりあえず、モーラステープを貼って様子を見る。

とっとと寝てしまえと思い布団に入り、疲れていたのですぐ眠りについた。
ががが、寝返りをうつたび激痛で、全然眠れず。
朝一番で整形外科のお世話になりました。

Img_20140830_115417

はい。この通り。
膝の内側の靭帯切れてましたとさ。
全治2~3ヶ月。運動厳禁。トホホのほ。

でも、何よりも誰かに迷惑をかけることなく無事下山できて良かった。
この失敗&痛い思いを教訓に、また来年山に登りたい。

尻別岳、本当にいい山だったので、また登りたいな。

という訳で、お休みの本日もどこにも行けず、いっぱいアップしたのであります。

おしまい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

登山日記~オロフレ山~(8月1日)

ども、ねじです。

怒涛の更新!次行ってみよう~~!

Orofure_guide

休みが合うと、とにかく新しい山に登りたい病。

アタシが山を選ぶ基準は、初心者でも登れることと、2時間前後で登れること。
そして、できることなら、高度感があると嬉しい。
8月になり、さすがの札幌も猛暑日。
涼しい山がいいなぁ・・・ってことで、全ての条件をクリアしたオロフレ山へ。

Img_20140801_103903

標高930mのオロフレ峠の駐車場。
札幌は30度超え。到着したココの気温は23度。最高やん!
絶好の登山日和。

Imgp1170

入山届を出して、いざしゅっぱーつ!

Imgp1173

登山開始からしばらくは緩やか。森林浴しながら進みます。

Imgp1179

羅漢岩が見えるエリアへ到着。
初心者でも登れるとは言え、この辺りは道も狭く、ドキドキ。

Imgp1192

断崖な感じ。写真で伝えられないのが悲しい。
足が竦みそうになるほど、ずっと下まで続く岩の壁。

Imgp8850

ひょえ~~~あそこまで登るんですか!?
登りたいと言うワリには、イチイチうるさいアタクシ。

Imgp8855

テクテク、テクテク。汗だくになりながら登ります。
そして、この山のニセピークに3回くらい騙される
もう着く!!って思っても、まだ先があるときのガッカリ感ったら・・・

Imgp1207

そんなことをブツブツ言いながらも、とーちゃこ!

Img_20140801_123710

360度のパノラマを眺めながらの山頂メシは最高です
(うめすび、めっちゃおいしかったのに・・・期間限定だったのかな・・・)

Imgp8866_2

遠くの山々がきれいに見えます。
登ってきて良かった~~~!って思える瞬間。

Imgp1227

空が近い!雲が近い!山がいっぱい!

Imgp1175

この山で出会ったお花たち。

Imgp1254

ハイオトギリソウ
上のも同じかな。岩場で逞しくキレイな花を咲かせていた。

Imgp1196

ウメバチソウ
急勾配でへこたれそうなときでも、お花に元気をもらう。

Imgp1224

ウツボグサ
マツボックリみたいな蕾?がたくさん見られました。

Imgp1226

ヨツバシオガマ
終わりかけ。満開のトキに見たかったな。

Imgp1237

タカアザミ
青い空に映える紫。毒々しいようでかっこえがった。

Imgp8886

蜂群がりすぎて気持ち悪い。

Imgp1246

岩場の下りは登り以上に大変。

Imgp8895

四本足で下ります。もう少し足が長かったらよかったのに(笑)

Imgp1263

登りのトキにビビった急な岩場。
触ると冷たくて気持ちよかった。一番涼しいエリアだったかも。

Imgp1243

『人間ってすごいね』
登山すると、お馬鹿なアタシが必ず言ってしまう一言。

Imgp1261

宇宙人の顔みたいな木。

短時間で登れるけれど、高度感あり岩場のゴツゴツ難所もあり
楽しい山でした。ニセピークも覚えたし、また登りたい。

Img_20140801_145504

登山のあとは、汗を流す温泉。
ずっとずっと来てみたかった、「新登別温泉荘」
7月と8月だけの期間限定です。

Img_20140803_085255

3つの内湯と1つの露天風呂。全てが貸切スタイルで、
あずましく過ごせました。
もちろん泉質も最高。手作り感溢れる温泉に大満足。

疲れもぶっ飛んだ・・・かな?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

藻岩山~慈啓会病院前コース→スキー場コース(7月29日)

めっちゃお久しぶりぶり。ねじでっす!

去年から突然はじめた登山にすっかりハマっております。
前日ソロで藻岩に登った蛤氏が羨ましく、あたいもソロ登山。

一人で登れるのは市内の人気なお山ならでは。

Img_20140729_103540

旭山コースは結構ハードだったと聞いて、
自宅から地下鉄とバスを乗り継いで、慈啓会病院前コース入り口到着。

Imgp1060

ザックからカメラやタオルを出したり、のんびり準備して、登山開始。

Imgp1063

円山と同じように、登山道にはお地蔵さんが並んでいました。
お天気も良くこの日も真夏日。お花でも見ながらのんびり登ることにします。

Imgp1081

ノリウツギ(もしかしてツルアジサイ?)
ハチさんがお食事中。

Imgp1096

淡いブルーのガクアジサイ。
この虫はカミキリムシかな。虫のことはよくわかりません。。。

Imgp1086

山ぶどう。おいしい葡萄酒できるんだろうなあ。

Imgp1105

ヨツバヒヨドリ(多分)
虫だけじゃなく、花の名前も良くわからない・・・。
夏の低山、とにかく蜂の活性が高い。

Photo

オオダイコンソウ。やっぱ黄色のお花はかわゆい。

Img_20140729_120849

とか言ってたら、とーちゃこ。(本当はゼーハーゼーハー)
前日の蛤氏の写真とほぼ同アングルだけど、
ロシアの森林火災とPM2.5の影響で、もやもや~~~
Img_20140729_121828
ロープウェイでも来れる観光名所な藻岩山。
山頂にはレストランもあります。
ってわけで、登山感すっかり薄れつつ山頂ビア

Img_20140729_122553

登山者割引のスープカレー。おいしくイタダキマシタ。
おいしかったけど・・・やっぱ、山頂メシはおにぎりがいいな

Imgp1125

下山はスキー場コースで。苦手な階段・・・
一部散策路のようになっていて、歩きやすい道もありました。

Img_20140729_130123

中腹駅から山頂までケーブルカーが通っています。
その脇をテクテク下る。

Imgp1130

あっ。そう言ってたら、もーりすカー(ケーブルカー)がおりてきた。

Imgp1133

中腹駅にある藻岩山神社。
山頂から中腹駅までは、登山というよりはお散歩感覚。

Imgp1136

暑い日だったので、日陰が嬉しい。ひとやすみ。

Img_20140729_131827

毎年滑ってる藻岩山スキー場の『うさぎ平』
今年も激パフたのむぜ!

Imgp1148

スキー場コースはトレランの人がホント多くて、
譲りながらのんびり下山。暑いながらも森林浴を楽しみました。

Img_20140729_135259

スキー場コース入り口とーちゃこ。
バス停までは徒歩15分くらい。
まだまだ歩きたいってことで、行けそうなとこまで歩いてみることに。

Imgp1153

最短ルートを選べば良かったものを、川沿いが気持ち良さそうな気がして
豊平川沿いを歩いてみる。
ところが・・・炎天下、照り返し、日陰ナシ。まるで地獄。
山と違って、歩きにくい環境に、橋があるたびに休憩。

Imgp1156

何度も途中でめげそうになったけど、なんとか中島公園までたどり着いた。

Imgp1160

ネコちゃんがすやすやお休み中でした幸せそう。

Img_20140729_153532

もう・・・ダメです(笑)家までは歩けない。
中島公園駅から地下鉄で帰宅。

Img_20140730_112842

GPSトラック。山歩きより下界歩きの方が長いんでないかい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月21日

モイワ山登山~旭山公園コース(7月28日)

蛤です。

ノリで単独登山に行ってきました。

旭山公園到着。駐車場広い。

ただ、気温30℃。暑い。

Imga0607

Imga0608

さて登ります。

Imga0609

Imga0610

Imga0611

札幌中心地から車で15分。でも熊でるんだよね。

Imga0612_2

尾根までは結構ハード。あとは稜線歩き。

Imga0613

Imga0614

Imga0616

低い山って木があって風が通らない。

よって暑いのであった。

Imga0617

Imga0618

Imga0620

到着。

Imga0621

Imga0622

Imga0623

スキー場のウサギ平を望む。

Imga0625

Imga0632

Imga0633

下ってから公園にいってみた。ここも観光名所。

Imga0638

GPS

Screenshot_20140728182716

なんというか、記憶に薄いのであります。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月13日

イワオヌプリ(7月21日)

あぁ。また放置してしまった。

蛤です。
お盆になると涼しくなる北海道。
秋もそろそろかな。
先月登山してきました。
高速でびゅーんと。小樽方面へ。

Imga0561

倶知安通って山へ。

Imgp0720

Imgp0721

ほどなくして、神社があった。

Imgp0722

Imgp0723

Imgp0725

Imgp0727

Imgp0730

この階段が辛かった。

Imgp0733

五色温泉が眼下に。

Imgp0734

Imgp0737

Imgp0741

Imgp0742

ニトヌプリ方面↓

Imgp0744

ひたすら登るのであります。

Imgp0746

登ると平地現る。

Imgp0749

Imgp0750

Imgp0751

Imgp0752

Imgp0759

とうちゃこ。頂上は寒かった。。

Imgp0768

五色温泉も遠くに見える。

Imgp0771

Imgp0775

おしまい。
時間経つと色々忘れる(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月22日

三角山登山(2014年5月22日)

蛤です。

洗濯機をまわしつつ、どっか行きたいなぁと画策しておりました。

散歩がてら市内の低山登山にいってきた。

じたくからチャリで30分。

宮の森登山口へ到着。

(登山口手前の坂をチャリ押してくのが一番しんどかった・・)

登山開始。

花がところどころキレイに咲いていた。

Img_20140522_142531

意外と斜面きつかったが、30分ほどして頂上到着。

Dsc_0006

Img_20140522_141142

Img_20140522_141433

札幌を見渡せるよい、眺望でした。

ほどなくして下山。

すると学校の授業で登ってくる小学生が元気に登ってきた。

子供タチは元気だった。あれが若さだな・・と実感。

ともあれ、初めてGPSトラックつけてみたので乗せてみます。

Chizroid_map

自宅をでて山登って帰宅まで2時間半。

このコースありかも。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月10日

アポイ岳登山(2014.05.04)

どうもどうもどうも!おひさしぶりぶり、ねじでっすヾ(´∀`○)ノ

いよいよ、蝦夷にも春が来た。
ってな訳で、やりたいことが溢れる季節。何からはじめましょうか。

Dogu

まずは、お山のアイテムを揃えてみた。
蛤氏は、登山靴にグレゴリーのザック。
ねじのお山T道具なシャツは、お誕生日にもらったもの。超うれぴー!
そして去年登ってから欲しいと思っていた、
ショートスパッツにレインウェア(下)
秀岳荘のセールやら、札幌進出の好日山荘のオープニングセールなど
あれこれ利用して、なんとかゲットなり!!

Apoi

道具が揃うとフィールドに出たくなる病。
でもまだ5月頭は雪山だぞ。
ってな訳で、雪のない山、はっけーーーん
前日出発し、山から近い道の駅で車中泊。
のんびり準備して、登山開始~!

Imgp9110

ずっとゴミだらけだったマイカメラ。
センサークリーニングなんてものをしてもらってキレイになったのだ。
せっかくキレイになったんだもの!重たくても頑張って持って登る!
そしてバシバシ撮るのじゃ
根っこ階段。
私と違って蛤氏はサクサク、軽快(笑)

Imgp9129

第四休憩所付近の水辺。
水があると、癒されるべさ。水面がキラキラ。
休憩所は第四だけど、その先に三合目・・・ややこしや~

Imgp9135

そして、三合目。
ミズナラの木にぶら下がってるのは、熊よけの鐘。
なまらでっかい音でるだ!

Imgp9155

五合目。休憩小屋があります。
太平洋が顔を出したぁ~~~~~!!
登山口より5合目休憩所まで森林地帯が続き、
そこから頂上までは岩礫地。
ここから先がしんどそうであります。

Imgp9167

木が少なくなって、風が強く感じられる。
でもお天気が良くて、陽射しがキモチイイ。

Imgp9173

はんれい岩質とかんらん岩の互層。
エメラルドグリーンな岩もありました。
キレイな岩。見るのはいいが、なまらしんどい道のり。
Imgp9183
苦しくったってぇ~~~~~
太平洋を見て元気を出すのだ。

Imgp9185

7合目~~♪
写真も曲がるてもんだ!くったくた!(笑)

Imgp9186

山頂が見えたぞ!でも先は長い。
この辺りから、風をモロに浴びるようになって、ちと寒い。

Imgp9192

9合目付近は突風。寒くて二人とも上着着る。

Imgp9197

頂上~

山頂メシをゴキゲンでいただく。

とびきり寒かったので、ラーメン&コーヒーな人がうらやましかった(笑)

Imga0305

下山。

下りはホントに苦手。ゴツゴツ岩。ねじ何度もバランス崩す。

Imgp9206

平らなところはサクサク歩けるね~~~

Imga0317

このあたりのねじ、もうぐだぐだ。

そして最終的に一度転んだ

Imgp9245

まだ雪が解けたばかりでお花は少なかったけど、新しい芽がいっぱい。

生きてる強さ感じる緑。

Imgp9253

苔の中の緑。

Imgp9262

ツタってツタって。大きくなるぞ~な緑。

Hana

Hana2

少しだけど、お花にも出会えましたよ。

5月初旬、残雪なく春を感じながら登れる山は貴重だね。


ダガシカシ。運動不足のまま登ってはいけなかったぁ~。

翌日、翌々日と笑っちゃうくらいの筋肉痛に見舞われたねじであった。

Imgp9267

おまけ。親子岩。ここに沈む夕日がとってもキレイなんだよ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年8月29日

樽前山登山(2013/07/19)

ども、ねじです。
もうかれこれ1ヶ月以上前になりますが、樽前山に登ってみました。

Tarumae_guide

登山マップ(胆振振興局のHPより)
Imgp8438

入山届を出し、登山開始

Imgp8443

7合目ヒュッテから見晴台まではサクサクっとお散歩気分で進めます。

Imgp8446

見晴台から見える支笏湖

Imgp8449

花や緑があるのは見晴台からほんの少しの区間だけ。

Imgp8452

食虫植物を見かけたよ。

Imgp8462

森林限界を超え、外輪山取付付近。

東山ピークはパスし進みます。溶岩ドームはもっくもく。

Imgp8463

吹き抜ける風が冷たくて、少し寒いくらい。

暑い夏に涼しさを感じられてとっても気持ちがいい

西山へ向け、ザクザク歩く。

Imgp8465

樽前山神社奥宮。

Imgp8468

東山をパスしても、外輪山ほぼ半周くらいできるので

色んな角度から溶岩ドームを見ることができる

Imgp8484

やったーーー!西山到着!

雲がちょっと残念

Imgp8485

西山からの景色。

Imgp8492

次は…

うーーーん、あの道か。結構遠いな

でもせっかくなので頑張りましょう。

Imgp8494

932m峰分岐点。

Imgp8497

近づいても案外遠い。でもがんばっぺ

ここまで平坦な道のりが多かったので、この登りがキツく感じる

Imgp8504

932m峰到着~~!

晴れていれば、ニセコ方面の山、羊蹄山も見えるらしい。

Imgp8510

支笏湖側。

おやつ食べて一休みして、北東お花畑コースを通って下山。

ペースがほぼ一緒だった2人組みのおじ…いや、お兄さん達と

お話したりしつつ。お花の名前を教えてもらったり。

山に慣れてる人のお話は楽しいね。ありがとう、お兄さん達。

Imgp8513

樽前山また晴れている時に行ってみたい。

軽石が多くて、足元ずるっとなるの要注意。

お疲れ様でした!

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2013年7月 5日

ニセコアンヌプリ登山(2013/07/02)

ども、ねじです。

ハマりつつある山登り。
初心者でも登れて景色抜群なアンヌプリへ行ってきました。

Imgp8657

五色温泉ルート登山口。8:10 スタート

Imgp8672

登山口から頂上まで、2500mくらい。
500m置きに標識があり励まされる

Imgp8677

五色温泉(スタート地点)が見えます。
こんなに登ってきたんだぁ~と思うと、自信がつく(笑)

Imgp8684

9:30 平均タイムの1時間20分で無事到着

Imgp8686

観測所跡。

Imgp8685

羊蹄山をこの目線で見れるのは嬉しい

Imgp8701

羊蹄山とねじ。

Imgp7968

イワオヌプリ方面。

いんやぁ~360度の大パノラマ。感動だべさ

Imgp7964

鏡沼。

Imgp8712

山肌に沿って雲がもくもく。
一瞬、滝雲みたいに見えました。

Imgp8715

雲がもくもく。雲海。
山飯、山スィーツも堪能し、10:10下山開始。

Imgp7975

下りはキツイ…。ペースは下りの方が早いはずなのに、
1時間20分かかりました。11:30 登山口到着。
苦しい時間もお花を見ると癒されます。
今回出会ったお花達。
花の名前は殆ど知らず、間違ってるかもしれません…

Hana01

Hana02

Hana03

Hana04

私の場合、かなりスローペースで登っていても、登り始め~30分が一番辛い。
辛さと痛みしか感じない激辛カレーを食べてる最中に、
辛さが旨みに変わって美味しくなるトキみたいに
ある一定の苦しみを超えると、突然もりもり歩けるモードに変わるみたい。
後半、道自体は前半よりはハードでしたが、気持ちよく登れました
カテゴリに“山登り”追加しちゃった。
これからモリモリ登らなくっちゃ。
ココログのカテゴリ並べ替え、大変なんだよなぁ。どうしようかなあ。
とりあえず一番下でいいか!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧